多摩川サイ梅雨時の注意点と見どころを解説

多摩川レンタサイクルRIDEAWAYスタッフの園田です。

梅雨の時期、天候が不安定な日が続きますが、本日は晴れ間が広がり絶好のサイクリング日和となりました!

目次

多摩サイの注意スポット

さて、話は変わりまして関東もようやく梅雨入りしたという事で、これから雨の日が多くなったり、梅雨が明ければ暑い夏がやってきます。その間、多摩川サイクリングロードの植物や景観も大きく変化します。そこで、ここからは6月22日時点の多摩川サイクリングロードの様子を少しですが紹介します。景観が変わると自転車に乗っていても見る景色が違ってくるので、これからRIDEAWAYを利用したいと考えている方や、久しぶりに多摩川サイクリングロードを走りたいと思っている方などはご参考ください。

綺麗な青空!

まずはこちらの今日私が出勤する際に中野島から上流方面を撮影した写真です。時間は8時45分頃でした。昨日の雨と打って変わって今日は青空が広がっていました。遠くの奥多摩の山々も綺麗に見えました。サイクリングロード沿いの緑も4月頃と比べれば多くなっているように感じます。撮影した時間はまだ人や自転車は少なく、走りやすかったです。

①草が生い茂てっており反対側からの人を確認できない
②曲がり角付近
③「徐行」の文字が見えてもまだ分からない
④下る直前でようやく分かる

続いての写真はブログでも以前に紹介した多摩川の難所と言われる下り坂とヘアピンカーブがある場所を自転車に乗っている人の目線で4つ撮影したものです。まず①の写真のように右に曲がって行きたい所ですが、赤枠で囲った部分の草が伸びていて反対側から登ってくる人がいるのか確認できません。曲がり角に差し掛かってもまだ判断しずらいです。③の写真のように丁度真ん中に来ると「徐行」の文字が見えるようになり、近くまで登って来ている人ならわかりそうです。しかし、坂の下までは見えません。曲がり切って下る直前になってようやく一番下まで見えました。
曲がる前に反対側から来る人が分かれば自分が曲がるコースなども考えやすいのですが、曲がっている途中や曲がり終えた直後などはハンドル操作もしにくく、出会い頭の事故などにも繋がる可能性があるので、いつも以上に注意して走行してください。

⑤両端からの草が道を狭めている
⑥草がポールに迫っている

こちらの2枚はどちらもサイクリングロード沿いの草が成長し過ぎてしまいサイクリングロードの道幅を狭くしてしまっています。⑤の写真は左に寄りすぎるとタイヤに草が絡まってしまう恐れがあり、反対に右に寄りすぎると反対側から来る人と接触する危険があるため、走行位置に注意しなければなりません。また、⑥の写真は左のポールとの間は自転車ではほぼ通れないような道幅になっています。参考までに今年の5月19日に同じ場所で撮影した写真ではまだ草の背丈は高くなく、左側も通れるスペースはありました。約1か月でここまで成長するのは驚きです!

5月19日の様子

自然スポットの紹介

ここまで、6月の多摩川サイクリングロードの風景を紹介してきましたが、どちらかと言うと「草が多く生えていて危ないんじゃないか?」や「サイクリングするのに躊躇してしまうな」と言ったマイナスなイメージを持たれた方も少なくないはずです。しかし、多摩川サイクリングロードには草が生い茂っているだけではないことを証明する写真を最後に紹介させてください!

⑦綺麗な花たちが私たちを出迎えてくれます
⑧郷土の森公園の蓮

⑦の写真は京王線の高架下を通り過ぎた先にある場所で綺麗な花が私たちサイクリストの気分を高めてくれます!⑧の写真は府中郷土の森公園の蓮の花が咲いている修景池という場所です。まだ少ししか咲いていませんが、修景池には様々な花蓮があり見ごろになればとても綺麗だと思います。

このように、多摩川サイクリングロードでは春や冬の景色とは違い6月の梅雨の時期から7月にかけては草が急成長し道幅が狭くなったり、反対側から来る人が見にくくなってしまいます。その一方であじさいや色とりどりの花が咲くのもこの時期なので花道をサイクリングするのも、あじさいを見にサイクリングするのも楽しめるので四季折々の多摩川サイクリングロードを満喫してください!

6月22日 中野島店の様子

初心者講習会では、ご予約時にクロスバイクをご利用予定だったお客様が、今回はロードバイクに変更して参加されました。お客様のニーズに合わせた柔軟な対応も行っております。お客様にあった自転車選びや、乗り方についてご案内をさせていただきました!

RIDEAWAYの初心者講習会では、ロードバイクの乗り降りはもちろんハンドルの握り方・ギアチェンジの仕方などをレクチャーします。また、一緒に多摩川サイクリングロードに出て危険な場所や注意しなければならないこともお教えします。

また、親子で参加されたお客様は娘さんが「弱虫ペダルを見てロードバイクに乗りたいと思って来ました。」と仰り、BianchiのVia Nirone7をレンタルされました。

実は、弱虫ペダルを見てロードバイクに乗りたいとRIDEAWAYにご来店されるお客様は多く、推しのキャラクターが乗っている自転車と同じものを乗れることへの嬉しさやロードバイクの魅力を体験できたという声をいただいております。好きなキャラクターの自転車と長時間乗れることもレンタサイクルであるRIDEAWAYの魅力の1つだと思います!

初心者講習参加者とスタッフ

スタッフ一同元気にお待ちしておりますので、多摩川の自然でリフレッシュする際には、ぜひRIDEAWAYにお越しください!引き続きよろしくお願い致します。

目次