サイバー大学は社会人にオススメ|【現役生が解説します】

サイバー大学は社会人にオススメ|【現役生が解説します】

「サイバー大学って何?聞いたことないんだけど?」

「どんな大学なの?」

「なんだかカタカナの名前であやしい…。」

なんて思っていませんか?

実は私がそう思っていました。

でも、普通の通信制大学です。

入学して1年以上経ちましたが、全然怪しくはありません。

むしろ、効率を重視したい人にはおすすめの大学です。

この記事では、社会人になり10年以上経過し、

実際にサイバー大学に入学した筆者が、サイバー大学について解説します。

この記事を読むと、サイバー大学がどんな大学か、メリット・デメリットがわかります。

サイバー大学は怪しい?いいえ、文部省認可のある通信制大学です!

サイバー大学とは、ソフトバンクグループが設立した、通信制大学です。

2006年に文部科学省の認可も受けています。

サイバー大学を卒業すると、学士号(4年制大学の卒業資格)の取得ができます。

完全オンラインで一切通学が不要!

サイバー大学では、卒業まで1回も大学に通学する必要はありません。

試験や手続き、図書館、就職サポートセンターの利用なども含めて、

大学に行く必要はありません。

そして、新型コロナウイルスが流行りだしたときでも、混乱もありませんでした。

通常の大学では、オンライン対策ができていないため、

先生、生徒、学校側も混乱していたかと思います。

すでに通学に向けて引っ越し、オンラインになってしまい、

がっかりしていた生徒もいたと聞きます。

しかし、サイバー大学では、混乱もなく、

すでにオンラインでの授業環境構築ができているため、

通常通り授業がスタートしていました。

コロナは特殊なケースかと思いますが、そのたびに自分が振り回されるのはツライもの。

仕事でもいつもイレギュラー業務に対応するのは、

そのたびに考えたり、作業が増えたり、大変ですよね。

ですが、変化が少ないという意味でも、余分な作業が生まれず、サイバー大学は効率的です。

そして、新型コロナウイルスが流行りだして、リモートで働かれる方も多くなったと思います。

私もリモートで働いていた一人です。

そして、気づきました。

通勤って、めんどくさくないですか?

なんだかその時間もったいなくないですか?

よくよく考えたら、家でもお仕事できるものもありませんか…。

これと同じことが、通学にも言えると思うんですよね。

これをすべて解決しているのが、通信制のサイバー大学。

私はあまり通勤・通学中に本や資料を読むというのが得意ではなく、

その時間をうまく活かせませんでした。

どうしても実際に学校に通いたい!

きちんと先生の授業を目の前で受けたい!

バーチャルでの出会いではなく、実際のお友達もほしい!

という方には向きませんが、

とにかく、仕事と両立しやすく、効率よく大卒の資格がほしい方には、

サイバー大学はメリットが大きいです。

いつでもどこでも授業が受けられる!転勤も移住も大丈夫!

サイバー大学では、オンラインで授業のビデオを見るということが、

授業を受けることになります。

なので、インターネット環境さえあれば、24時間どこの場所でも受講できます。

社会人だと、お仕事により、転勤の可能性もありませんか?

また、特定の曜日だけ早く帰宅することはできない方、いらっしゃいませんか?

通常の通学生の大学だと、通い続けるのが難しくなると思いますが、

完全オンラインの通信制のサイバー大学だと大丈夫!

引っ越してもオンラインで授業を受け続けることができます。

実際に海外から受講しているクラスメイトもいます。

私自身も、在籍中に地方から関東に引っ越しました。

引っ越し自体もなかったかのように授業を受けています。

学部はIT総合学部のみ

サイバー大学では、IT総合学部という、一つの学部のみ設置されています。

コースは3つあります。

  • テクノロジーコース
  • ビジネスコース
  • ITコミュニケーションコース

私は現在テクノロジーコースに在籍しています。(3年次編入)

学べる学部が限られてしまうため、

ビジネスやテクノロジー以外について学びたい方には、不向きですが、

  • ビジネスについて学びたい
  • ITについて学びたい
  • どこの学部でもいいから大卒の資格がほしい

という方には、オススメです。

学費は取得単位ごとのお支払い

サイバー大学の学費・費用は、履修単位数により異なります。

通常の大学だと、1学期いくらという学費の支払いになると思います。

しかし、サイバー大学では、1単位21000円と履修単位ごとのお支払いです。

学費だけでざっくりと計算すると、学費だけでおよそ260万円(システム利用料など除く)

21000円/単位×124単位(卒業に必要な単位)=2,604,000円 かかります。

その他、入学検定料、システム利用料、学籍管理料などが学期ごとにかかります。

卒業までの費用は、国公立大学と比べると高いですが、

通常の私立大学*よりは安くなります。(*年間授業料がおよそ120万円とする)

特に、

  • 久しぶりの勉強で、そもそも継続できるか不安
  • 仕事と勉強とをうまく両立したい

という方に向いています。

履修単位数を調整できるということは、

  • 学費の無駄がない
  • 仕事と勉強の両立に疲弊するリスクが少ない

ので、継続しやすい環境になります。

継続できるということは、大学を何年もかけて卒業するので、重要な要素のひとつになります。

しかも、すでに関連資格(TOEIC、情報処理技術者試験)等を持っている場合は、

単位として認定してもらえることもあります。

費用も少なくなるのもメリットですね。

入学時期は年2回(春学期、秋学期)

サイバー大学では、年に2回の入学時期があります。(春学期と秋学期)

入学時期は、春学期のみというという大学が多いですよね。

でも、サイバー大学では、年に2回入学できるので、入学のチャンスが増えます。

春になり、「やっぱり大学に行きたい!」と思っても、入学まで約1年待つ可能性があります。

そして、その間にモチベーションが下がってしまったり、

年末、年度末のお仕事で忙殺されて、出願時期を逃す可能性があります。

しかし、サイバー大学では、夏には出願でき、秋には受講を開始できます。

秋に入学できるということは、

卒業時期が夏の欧米からの留学から帰国するときにもスムーズに入学ができます。

そして、逆に言えば、春学期後に卒業(夏に卒業)ができます。

大卒の資格がもらえるチャンスも年2回あるということ。

なるべく早く大卒の資格がほしい人にもメリットがあります。

卒業後は、海外への留学、大学・大学院入学も検討している方にもピッタリです。

門戸も広い!大学中退者でも短大編入者でも大丈夫! 

大学で学びたかったけど、経済的な事情でできなかった。

学ぶことをあきらめてしまって後悔している。

という方、いらっしゃいませんか。

サイバー大学では、いろんな学歴の人にも門戸があります。

なので、もう一度大学で勉強をしたいという方にもピッタリの大学です。

  • 大学中退
  • 専門学校卒
  • 短大卒

は、編入のチャンスがあります。

過去に取得した単位の認定がされれば、

認定単位数+サイバー大学での単位数=124単位でサイバー大学を卒業できます。

私は、海外の短大卒ですが、その一部の単位(52単位)を認定していただき、

編入ができました。

ほかにも、

  • 中卒
  • 高校中退

の方にもチャンスが与えられているということ。

特修生という、指定された16単位を取得したうえで、

正科生(大学1年として入学)として出願できるという制度があります。

しかも、正科生として入学した後は、卒業必須単位数の124単位のうち、108単位の取得で卒業ができます。

(すでに16単位+108単位=124単位が卒業必須単位数)

個人により認定単位の状況が異なりますので、詳しくは、サイバー大学入試係の方にご相談ください。

【まとめ】サイバー大学は、自由度が高く、効率重視な社会人にオススメ

サイバー大学についてまとめると、こんな大学です。

  1. サイバー大学は文部省認可のある通信制大学
  2. 完全オンラインで一切通学が不要!
  3. いつでもどこでも授業が受けらて、転勤も移住も大丈夫!
  4. 学部はIT総合学部のみ
  5. 学費は取得単位ごとのお支払い
  6. 入学時期は年2回(春学期、秋学期)
  7. 門戸も広く、大学中退者でも短大編入者でも大丈夫! 

サイバー大学という、独特な名前ですが、きちんと大卒資格も取得できます。

オンラインの大学ですが、学生サポートセンターなどもあり、

メールだけでなく、電話や資料送付などの郵送にも対応してくれます。

いろんな形で大学の説明が受けられて、ITが苦手な方でもわかりやすいです。

ITについて学びたい方、大卒の資格がほしい方に、効率も重視したい方にオススメの大学です。