運動不足解消に最適!都内で楽しくサイクリングできるおすすめスポット|板橋区・練馬区編

運動不足解消に最適!都内で楽しくサイクリングできるおすすめスポット|板橋区・練馬区編

コロナ禍でのリモートワークの普及や、日々のデスクワークで運動不足の方が増えてきたのではないでしょうか?かくいう筆者も、体内年齢が18歳であることが自慢でしたが、ここ数年で「33歳」まで上がってしまいました…。(それでも実年齢より下なので、まだ自慢にして良いでしょうか?)

身体の変化に危機感を覚えて始めたのが、サイクリングです。これまでは移動に車や電車を使うことが多かったのですが、1時間以内でしたらどこでも自転車で出かけるようになりました。

そこで、筆者がサイクリングしてみて良いと思った都内のおすすめスポットをご紹介します。今回は板橋区~練馬区編です。

城北中央公園

253,077.93平方メートルの面積を誇る、23区北部における最大の運動公園です。公園の外周は整備された道になっていて、自転車で走りやすくなっています。日中は、筆者の他にもサイクリングやランニングをしている方を多く見かけます。

交通アクセス

城北中央公園は、東武東上線「上板橋」駅から徒歩15分、東京メトロ副都心線または東京メトロ有楽町線「氷川台」駅から徒歩20分の場所にあります。

参考サイト:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/about022.html

四季の草花

自然が多い公園なので、四季で変化する草花を楽しむことができます。5月上旬に行った時には、ノースポールやハナキンポウゲを見ることができました。

野鳥の観察

公園内をサイクリングしていると、キツツキが木をつつく音やウグイスの鳴き声が聞こえてきます。運が良ければ、実際に野鳥を観察できることも。

シーズンごとに「自然観察会」も開催されています。

ドッグラン

犬を飼っている方には嬉しい「ドッグラン」が併設されています。筆者は犬を飼っていないのですが、子どもが犬好きなので、立ち寄った際は柵の外から見させていただいています。

ドッグランの利用自体は無料ですが、事前に公園サービスセンターで利用登録が必要です。

光が丘公園

圧巻の桜並木、イチョウ並木がある公園で、お花見や紅葉シーズンには特に多くの人で賑わいます。光が丘駅からも近いため、通勤・通学の自転車も多く見かけます。

交通アクセス

光が丘公園は、都営地下鉄大江戸線「光が丘」駅から徒歩8分、東武東上線「成増」駅・東京メトロ副都心線「地下鉄成増」駅・東京メトロ有楽町線「地下鉄成増」駅から徒歩15分の場所にあります。

参考サイト:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index023.html

フリーマーケット

休日にはフリーマーケットが開催されることも。サイクリングついでに、ついふらっと立ち寄ってしまいますね。